テナー(またはソプラノ)とピアノ(Eフラット)のためのウィーン歌

カテゴリー:

説明

「揺れるワルツ」(Schunkelwalzer)スタイルの20th世紀初頭のこの曲は、Kurt Lojkaによって作曲されました、
StretfordのLutheranの聖歌隊の歌手の父親。
それは典型的なウィーンのユーモアを持った陽気な歌であり、彼の家族そして特に彼の妻 - Ilseのお気に入りでした。
Ilseは、彼女の亡き夫に代わって、それを公開する許可を与えました。
ここでの音のサンプルは、Aフラットバージョンの私自身の演奏です。
(ちなみに、私がHochdeutschでこれを歌ったことをあなたは聞くことができます - これは私のウィーンのアクセントが全く正しくないからです…しかしそれは雰囲気を与えます)。
このサイトでは声のためのバージョン(様々なキーで - フラット、EフラットとC)、そしてファゴット、クラリネットとピアノのフルートも利用できます。

ここに言葉があります:

バリトン(メゾ=ソプラン)およびクラヴィエ(ウィリアムズ版 - 英語版)の「Die Ilse」

死者嘘をついていた20ten Jahrhundert、im Schunkelwalzerstil、vom vom verstorbenen Kurt Lojka komponiert、
StretfordのMitsängerinnenim lutheransichen Chorには、他に見られないものがあります。
あなたの好きなものを見つけましょう。 - gewesen
Ilse、その他のEigentümerindessen Nachlasses、帽子をかぶったGenehmigung erteilt、das Lied zuveröffentlichen。
もっと見る新しいバージョンのAufführungderバージョンをAs durで。
(Hochdeutschからのアレルギー、およびWienerdeutschからのアレルギーについては、ご注意ください。)
ソロスティメンのためのバージョン管理(Tonとその近所)、とFagott、Flöteund Klarinette mit Klavier。

Die Lyrik geht so:]

温かいうちに死んだ
だからmolligととても乱暴、
Dann wir mir um das Herze weh
グルテンとダスハット
デン・イン・デア・クライネンIlseNäh '
bleuntungeküsstkein Mund。
NeNegligéとは異なり、
treibt sie es fast zu bunt。

イルゼ死ぬ、イルゼ死ぬ、
それでは、ja、seであったでしょうか。
シーハットドックエイネン勇者マン
元に戻して
イルゼ死ぬ、イルゼ死ぬ、
ダスはse、ja、ダスはseになります!
Wahrscheinlich WeilによるMann
nicht mehr gutküssenkann!

軍事戦争とテント・ア・テテ
vorgerückterStundで
ダン・カム・ダス・シャンブル・セパレ、
フント!
ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、
Wie sind die Lippen wund
Herjemine、herjemine、
zu vielは誤解していません。

イルゼ死ぬ、イルゼ死ぬ、
それでは、ja、seであったでしょうか。
シーハットドックエイネン勇者マン
元に戻して
イルゼ死ぬ、イルゼ死ぬ、
ダスはse、ja、ダスはseになります!
Wahrscheinlich WeilによるMann
nicht mehr gutküssenkann!

ドンホセの渋滞、
Vagabundを変更してください。
「Jüche、オレ!」
もっと見るMund。
ドン・ホセ、ハル・アーデンでしたか?
私はSchlundです。
Tasse Rum mit Tee、
もっと見る

イルゼ死ぬ、イルゼ死ぬ、
それでは、ja、seであったでしょうか。
シーハットドックエイネン勇者マン
元に戻して
イルゼ死ぬ、イルゼ死ぬ、
ダスはse、ja、ダスはseになります!
Wahrscheinlich weil、wich、ihr Mann
nicht mehrとてもrichtig kann!